このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップごみ・し尿> 食品ロス削減 宴会等で「3010運動」を実践しましょう!

食品ロス削減 宴会等で「3010運動」を実践しましょう!

食品ロスの現状

食べ残されて捨てられてしまう料理を「食品ロス」と言います。
日本では,1年間に約643万トンの食品ロスが発生しており,毎日1人当たり茶椀1杯分のご飯を捨てている量に相当します。
特に,宴会の席では食品ロスが多く発生し,農林水産省の統計調査によると,宴会で提供される料理のうち,14.2%が食べ残しとして廃棄されているそうです。

宴会等での3010運動の実践

そこで,これからの忘年会や新年会などの宴席の際には,乾杯後30分間,お開き10分前は自分の席でしっかり料理を食べきる,「30・10(さんまるいちまる)運動」を実施するように心がけてください。
また,幹事の方は,適量な料理の注文に心がけるとともに,上記の「30・10(さんまるいちまる)運動」に参加者が取り組めるように呼びかけてください。

  • 乾杯後の幹事(司会)の呼びかけ例

本日は,「食」への感謝や「もったいない」という気持ちをもって,みんなで30・10 運動を実践したいと思います。
開始30分間と終了10分前には席を離れずに料理をお楽しみいただくようお願いいたします。

  • お開き10分前の幹事(司会)の呼びかけ例

終了10分前になりました。席に戻って料理をお楽しみいただきたいと思います。

一人ひとりが「もったいない」を心がけ,おいしく宴会を楽しみましょう!


掲載日 令和元年12月11日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
市民生活部 環境課 廃棄物対策係
住所:
〒319-0192 茨城県小美玉市堅倉835
電話:
0299-48-1111 内線 1140〜1142 1144 1145
FAX:
0299-48-1199