このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップごみ・し尿> ごみ処理と経費

ごみ処理と経費

  • 一般廃棄物の処理状況(処理量、収集量、経費)をお知らせします
  • 各年度の一般廃棄物処理事業実態調査の結果に基づくものです

ごみ処理量

  • 市内から発生した一般廃棄物(し尿等を除く)の処理状況になります

各年度の推移

 
ごみ処理状況推移
年度 総排出量 日/1人 資源化率 集団回収量
基準人口
(10/1時点)
H29 18,223t 963g 22.0% 286t 51,822人
H30 19,007t 1,015g 26.0% 229t 51,298人
R1 18,730t 1,016g 24.8% 239t 50,525人
※事業系資源ごみが含まれています

各年度の状況

  • 各年度の詳しい内容は下記をご覧ください
pdfH29_実績(pdf 260 KB)
pdfH30_実績(pdf 267 KB)
pdfR1_実績(pdf 183 KB)

ごみ収集量

  • 市内集積所からごみを収集し処理施設に搬入した量になります
  • 本データは,組合の計量システムから抽出したものです

各年度の推移

  • 近年、人口減少に伴いごみ量も微減傾向にありました
  • 一方、一人あたりのごみ量は増加しています
  • 令和2年度は新型コロナの影響により全体ごみ量も増加しました
ごみ収集量推移
年度 合計 年/1人 可燃ごみ カン金属 古紙
基準人口
(10/1時点)
H29 10,817t 208.7Kg 9,753.4t 324.7t 301.9t 51,822人
H30 10,753t 209.6Kg 9,686.3t 316.9t 321.1t 51,298人
R1 10,711t 210.7Kg 9,676.9t 332.5t 286.6t 50,842人
R2 10.966t 217.6Kg 9,776.3t 391.2t 331.7t 50,396人
※ごみ種は収集量が多い上位トップ3を掲載しています

各年度の状況

  • 各年度の詳しい内容は下記をご覧ください
pdfH30_実績(pdf 116 KB)
pdfR1_実績(pdf 117 KB)
pdfR2_実績(pdf 117 KB)

ごみ処理経費

  • ごみ処理施設の運営や収集運搬に1年で3億6千万円程度を要しています
  • 近年、新ごみ処理施設の建設費用が上乗せとなっています
ごみ処理経緯推移
年度 合計 うち運営費 うち建設費 受益者負担額 受益者負担率
H29 4億3,375万円 3億6,482万円 6,893万円
4,669万円
10.76%
H30 5億2,398万円 3億6,736万円 1億5,661万円
4,730万円
9.03%
R1 15億640万円 3億6,289万円 11億4,350万円 5,473万円 3.63%
※受益者負担額はごみ袋手数料等の収入になります

掲載日 令和3年7月15日
アクセス数
このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
市民生活部 環境課 廃棄物対策係
住所:
〒319-0192 茨城県小美玉市堅倉835
電話:
0299-48-1111 内線 1140〜1142 1144 1145
FAX:
0299-48-1199