このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ茨城空港> 茨城空港の概要

茨城空港の概要

茨城空港は,航空自衛隊百里飛行場を民間共用化した空港で,平成22年3月11日開港しました。
国内線4路線10便,国際線1路線を運航しており,首都圏の航空需要を担う空港として注目されています。
茨城空港の外観画像茨城空港の設備概要の表


 

「空港への充実したアクセス。」と記載された画像

茨城空港は,茨城県にお住まいの方はもとより,高速道路インターチェンジからも近く,北関東地域の方もアクセスが容易となっています。しかも,空港駐車場は何日泊めても無料で,駐車料金を機にすること旅行やビジネスに出かけられます。

今後の道路網の整備により各地から空港へのアクセスが便利になります。
 
 
北関東から茨城空港へのアクセス・所要時間が記載された画像
茨城空港への高速道路における各インターからのアクセス経路・所要時間の説明画像
 

茨城空港の役割
 

「茨城から全国への交流の輪が広がる。」と記載された画像

 

「多様な航空需要への対応」と記載された画像

空港内に置かれたスーツケースの写真

茨城空港は、首都圏における多様な航空需要の受け皿として、国内線はもとより、国際線(定期便、チャーター便)の活用も期待されています。また、シンプルで効率的な施設設計による運用コストの低減化を目指しており、海外で伸長が著しいローコストキャリア(低コスト航空会社)(※1)など航空会社の就航しやすい環境づくりに取り組んでいます。
さらに、このような旅客需要に加え、航空貨物やビジネス航空(※2)などの利用促進にも努めていきます。
 
(※1) 格安航空会社【ローコストキャリア(LCC)】とは、効率化の向上によって低い運航費用を実現し、低価格かつサービスが簡素化された航空輸送サービスを提供する航空会社のこと。
(※2) ビジネス航空とは、個人・企業が所有またはチャーターし、通勤・商用飛行・連絡などに使われる比較的小型の航空機のこと。

 
 

「首都圏3番目の空港」と記載された画像

茨城空港の首都圏における位置関係を表した画像(羽田空港、成田空港に次ぐ首都圏3番目の空港)

茨城空港が開港すると、羽田空港、成田空港に次ぐ首都圏3番目の空港になります。
ニューヨークやロンドンなど海外の都市においては、一つの都市圏において複数空港が機能分担している事例があり、国土交通省の交通政策審議会(航空分科会)においても、茨城空港は「地域の航空需要に対応し、首都圏の航空需要の一翼を担う」とされていることから、今後、首都圏のセカンダリ空港(※3)としての活用が期待されています。

  (※3) セカンダリ空港とは大都市周辺の比較的混雑していない中小空港(secondary airport)

 

就航路線

平成29年1月1日現在の茨城空港における就航路線の画像

 

茨城空港のあゆみ
 

茨城空港のあゆみ 共用化の経緯一覧表の画像

 
 

掲載日 平成28年12月17日 更新日 平成29年4月7日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
産業経済部 空港対策課
住所:
〒319-0192 茨城県小美玉市堅倉835
電話:
0299-48-1111 内線 1171
FAX:
0299-48-1199
Mail:
(メールフォームが開きます)