このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ健康づくり> 集団健診・がん検診

集団健診・がん検診

生活習慣病は初期では自覚症状がなく、長い年月をかけゆっくりと進行していくため、
自分では
気付きにくいのが特徴です。
身体に不調を感じなくても定期的に健診を受けることが大切です。
 
検診でのがん発見率は100%ではありません。異常がなくても要精検となる場合もあります。
要精検となったら必ず精密検査を受けましょう。

総合健診・住民健診

  • 総合健診【要予約】※胃がん、大腸がん検診を受診する40歳以上の方
  • 住民健診【予約不要】※胃がん、大腸がん検診を受診しない方 

 

(注)特定健診・後期高齢者健診の問い合わせ窓口は、医療保険課TEL48-1111(内線1102・1106)です。

健診項目 総合健診 住民健診 対象者 個人負担金 内容



健康づくり健診 18~39歳 1,000円 問診・身体計測(腹囲含む)・血圧測定・血液検査・尿検査・心電図・眼底検査
特定健診 40~74歳で国民健康保険に加入している方 1,000円 上記と同様
上記以外で、市で受診可能な受診券をお持ちの方 医療保険者により、受診券・個人負担金・検査項目が異なります。
詳しくはご加入の健康保険組合へお問い合わせください。
後期高齢者健診 満75歳以上の方及び一定の障がいがある65歳以上の方 無料 問診・身体計測・血圧測定・血液検査・尿検査
有料 心電図・眼底・貧血・尿酸・クレアチニン



胃がん検診 × 40歳以上 500円 バリウム検査
大腸がん検診 × 40歳以上 500円 2日間採便検査
前立腺がん検診 50歳以上の男性 500円 血液検査
肺がん検診 40歳以上
(結核検診を含む)
無料 胸部レントゲン検査
結核検診 65歳以上
(肺がん検診含む)
肝炎ウイルス検査 40歳以上の過去未受診者 500円 血液検査
(B型・C型肝炎検査)
「○」は実施、「×」は未実施
※年度75歳以上、身障手帳1・2級、精神手帳1・2級、療育手帳マルA・Aの方、生活保護の方は胃・大腸・前立腺がん検診、肝炎ウイルス検査が無料。


【対象外の方】
1.自覚症状のある方、医療機関で経過観察中の方、毎回精密検査になる方は対象外です。直接医療機関を受診しましょう。
2.今年4月以降に人間ドック、病院、企業等で受診された方、受診予定の方は対象外となります。

女性のがん検診(集団検診)【要予約】

医療機関検診については、こちらをご覧ください。

内容・個人負担金等

対象者 子宮 超音波 マンモ 個人負担金 受診間隔
20歳以上     500円 1年に1度
30~39歳     500円 1年に1度
40~56歳   1,000円 マンモグラフィは2年に1度
超のみ500円
57歳以上     500円 乳がん検診は2年に1度

※年度75歳以上、身障手帳1・2級、精神手帳1・2級、療育手帳マルA・Aの方、生活保護の方は無料。

【対象外の方】
1.自覚症状のある方(不正出血、異常なおりもの、乳房のしこり・痛み等)、医療機関で経過観察中の方、毎回精密検査になる方は対象外です。直接医療機関を受診しましょう。
2.妊娠中の方および今年4月以降に人間ドッグや職場等で受診された方、受診予定の方は対象外となります。
3.産後3か月までの方は子宮がん検診が受けられません。

骨粗しょう症検診【要予約】

内容・個人負担金等

対象者 個人負担金 内容 受診間隔の目安
20歳以上の女性 500円 かかとの骨に超音波をあてて、
骨密度の測定をします。
5年に1度

※年度75歳以上、身障手帳1・2級、精神手帳1・2級、療育手帳マルA・Aの方、生活保護の方は無料。

【対象外の方】
医療機関で経過観察中の方、毎回精密検査になる方は対象外です。直接医療機関を受診しましょう。


各集団健診の日程は《健康カレンダー:成人保健事業年間予定表》をご覧ください

 


掲載日 平成31年4月2日 更新日 令和元年7月9日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
保健衛生部 健康増進課 成人保健係
住所:
〒319-0132 茨城県小美玉市部室1106
電話:
0299-48-0221 内線 4000〜4005 4015 4016
FAX:
0299-48-0044
Mail:
(メールフォームが開きます)