このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップパブリックコメント> 募集事案【26-05】

募集事案【26-05】

募集事案

No. 26-5
事業名 小美玉市子ども・子育て支援事業計画(素案)
意見募集期間 平成27年1月6日(火曜日)~2月5日(木曜日)
担当課(問合せ)   住所               小美玉市上玉里1122(玉里総合支所内)
  部課名            福祉部子ども福祉課
  電話               299-48-1111(内線3227)
  FAX                0299-58-4846
  メールアドレス   kodomo@city.omitama.lg.jp

募集の趣旨

  一人ひとりの子どもが健やかに成長することができる社会を目指して、平成24 年8 月に子ども・子育て関連3 法が成立しました。
  新制度の実施に当たり、子ども・子育て支援の取り組みをより一層推進するために、市町村が「子ども・子育て支援事業計画」を策定することとなりました。
  この計画において、幼児期の学校教育・保育及び地域子ども・子育て支援事業の需要に対する提供体制の確保方策等を定めることで、本市の子ども・子育て支援施策を総合的かつ計画的に実施することとなります。
  本素案の策定に伴い、広く市民の皆様のご意見を募集するためパブリックコメントを実施します。いただいたご意見を参考として、推進会議にて素案の内容を再検討していきます。
  つきましては、本素案を公表しますので、この内容に対する市民の皆様のご意見をお寄せください。お寄せいただいたご意見は、これに対する小美玉市の考え方とともに、整理した上で公表いたします。ご意見をいただいた市民の方に直接回答はいたしませんので、あらかじめご了承ください。

 

意見内容及び市の考え方

  1. 意見提出者数  1人

    パブリックコメント集計結果一覧表
    提出方法 人数
    郵便 0
    ファクシミリ 0
    電子メール 1
    直接持参 0
    合計 1
  2. 意見内容及び市の考え方
    意見内容について
    No 意見の
    対象箇所
    意見内容 意見数 市の考え方(回答)
    1 基本方針3
    子どもを健やかに育てる教育環境の整備
    (1)生きる力の育成に向けた学校教育の充実
    (2)子どもの健やかな心身の育成
      3  情報モラル指導の推進
      4  携帯電話使用に関する指導の充実
      日々変化するネットリテラシーの教育に意味があるのか。使わせない環境を作ることの方が重要。学校への情報端末の持ち込みを条例で制限できないのか。各教室にジャマーを設置するなど,持ち込ませない努力をすべき。 1

    ・情報の表現やコミュニケーションの効果的な手段としてコンピュータや情報通信ネットワークなどの情報手段を活用する能力(ネットリテラシー)が求められるようになってきており,情報手段を効果的に活用して,情報社会の進展に主体的に対応できる能力の育成が「生きる力」の育成につながると考えられ,現在学校では「教育の情報化」が進められております。

    ・現在,学校への情報端末の持ち込みについては,禁止しております。情報端末の使用方法等の情報モラルにつきましては,各教科,道徳の授業におきまして情報モラルの必要性や情報に対する責任に関し,考え,理解させるよう指導しております。

    1 基本方針3  子どもを健やかに育てる教育環境の整備
    (1)生きる力の育成に向けた学校教育の充実
    (4)特別支援教育の充実
      障がい児と健常児を登校班で一緒に登下校させる場合があるが,班長をはじめとする健常児への負担はどのように考えているのか。子どもへの心理的負担が大きい。障がい児と健常児を一緒の学校にしないで欲しい。小中一貫した支援学校を配置すべき。いじめの対象や,白い目に晒される事もなく,保護者ともども心身の負担が軽くなる。差別ではなく,区別が必要。学校同士で交流をさせれば社会勉強にもなる。 1 ・登校に関しては,障がいをもった子どもの個別の状態に応じて,適切に配慮をしなければならないと考えています。御指摘のとおり,障がいの種類・程度によっては,子どもだけで集団で登校するには,危険を伴う場合が考えられるケースもあり,その場合には,保護者等の理解と協力を得ながら,安全に登校できるように組織的に支援する体制を整える必要があると考えています。
    ・平成28年4月から障がい者差別解消法が施行されますので,今後,障がいに対する合理的な配慮が無い教育は差別ということになります。従いまして,市としましては,児童生徒が持てる可能性を最大限度まで発達させ,社会参画を可能にするという目的の下,障がいのある児童生徒と障がいのない児童生徒が共に学ぶ仕組みであるインクルーシブ教育システムの構築を目指しています。そのためには,合理的配慮が必要であるとされていますが,それは,障がい者のために必要かつ適当な変更及び調整であって,特定の場合において必要とされるものであり,かつ,均衡を失した又は過度の負担をかさないものとされています。市としましては,基礎的な環境整備を図るとともに,各幼稚園・小中学校において合理的配慮がなされるように教員の指導力向上及び特別支援教育の充実に努めて参ります。

 

資料の閲覧・配布

平成27年1月6日~平成27年2月5日の期間、下記の閲覧場所で対象事案の案等の閲覧ができます。また、市ウェブサイト(ホームページ)にも掲載します。

閲覧又は配布場所

  • 本庁舎           玄関ロビー  
  • 小川総合支所  玄関ロビー
  • 玉里総合支所  玄関ロビー
  • 四季健康館     玄関ロビー

意見の提出方法

  意見提案用紙にお名前・ご住所・電話番号・ご意見を記入し、下記のいずれかの方法でご提出ください。
  提出先(メールアドレス)は、上記担当課(問合せ)欄または意見提出用紙に記載されています。

  1. 閲覧場所にある回収箱に投函する。
  2. メールアドレスに送信する。
  3. 郵送またはファックスで提出する。

関連資料 

対象事案の案

  1. PDF 表紙~目次(PDF 74 KB)
  2. PDF 第1章(PDF 591 KB)
  3. PDF 第2章~第3章(PDF 1.78 MB)
  4. PDF 第4章(PDF 1.41 MB)
  5. PDF 第5章(PDF 1.23 MB)
  6. PDF 第6章-基本方針1(PDF 739 KB)
  7. PDF 第6章-基本方針2(PDF 1.00 MB)
  8. PDF 第6章-基本方針3(PDF 1.46 MB)
  9. PDF 第6章-基本方針4(PDF 316 KB)
  10. PDF 第6章-基本方針5(PDF 290 KB)
  11. PDF 第6章-基本方針6(PDF 1.00 MB)
  12. PDF 第6章-基本方針7(PDF 551 KB)
  13. PDF 第7章~巻末資料(PDF 69 KB)

 

意見提出用紙

  意見提出用紙はこちら、EXCEL パブリックコメントに対する意見提出用紙(EXCEL 31 KB)をご覧ください。

 


掲載日 平成28年12月17日 更新日 平成29年4月10日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
福祉部・福祉事務所 子ども福祉課
住所:
〒311-3495 茨城県小美玉市上玉里1122
電話:
0299-48-1111 内線 3226〜3229
FAX:
0299-58-4846
Mail:
(メールフォームが開きます)