このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ市長の部屋定例記者会見> 定例記者会見(平成29年6月6日)

定例記者会見(平成29年6月6日)

会見概要

  •  日時  平成29年6月6日(火曜日)
  •  場所  小美玉市役所本庁舎  2階  政策会議室
  •  出席者
    参加報道機関  朝日新聞、東京新聞、読売新聞、茨城新聞、毎日新聞、
                       東京新聞、時事通信
    市                市長・副市長・教育長・市長公室長・政策調整課長・各部署
                       担当者
  • 記録  秘書広聴課

市長あいさつ


★2307
報道各社の皆様におかれましては,大変お忙しいところ
定例記者会見にお集まりいただき誠にありがとうございます。
また,市政の運営につきましては,日頃より格別なご支援・ご協力を賜り,厚くお礼申し上げます。

本日は,第2回定例会議案のほか,市政運営の全般について情報を発信させていただきますので,記事掲載につきまして特段のご配慮をいただきますようお願いいたします。



 

 

記者会見資料

pdf小美玉市長定例記者会見資料(pdf 41 KB)
pdf平成29年第2回定例会議案について(pdf 99 KB)
 

説明案件

議案の内訳


・条例の制定について1件
・条例の一部改正について2件
・平成29年度補正予算3件
・工事委託契約及び動産買入れ契約の締結について2件
・市道路線の認定及び廃止について2件
・人事に関する案件2件
以上,合計12件
 

平成29年度一般会計補正予算について

pdf平成29年度第2回定例会議案について(pdf 99 KB)をご覧下さい。

今回の補正予算は,航空機騒音等による住民生活の安定に及ぼす影響が継続することを考慮し,
訓練移転等が実施される再編関連特定防衛施設の周辺住民の生活の安定に寄与するのに必要な措置を講じるため,平成29年度から平成38年度まで10年間,国より交付されることとなった再編関連訓練移転等交付金を財源活用する事業などを補正計上しております。

歳出を具体的に申し上げますと,「3補正(歳出)の主な内容」にございますように,再編関連訓練移転等交付金を財源として,住民生活の利便性の向上等に資する事業として,基地周辺道路整備費,小川南小学校法面(のりめん)保護工事費及び救急自動車購入費等を盛り込んだ再編関連訓練移転等交付金事業を新規計上しております。

小学校建設事業では,工事単価上昇の影響等により,2ヵ年継続事業とする小川南小学校校舎新築工事費を増額計上し,一方,小川南小学校法面(のりめん)保護工事を再編関連訓練移転等交付金事業に移行したため,建設付帯(ふたい)工事費を減額計上しております。

その他,幼児教育振興のための指定寄附金を財源として,市内6つの公立幼稚園に保育用備品を購入する費用などを補正計上しております。

 

小美玉市まち・ひと・しごと創生総合戦略「ダイヤモンドシティ・プロジェクト」について


pdf2.ダイヤモンドシティ・プロジェクトの(1),地方創生推進事業(pdf 263 KB)につきましては,民間事業者と連携し,ダイヤモンドシティ・プロジェクトを総合的に推進するもので,市民一人ひとりが持続的に魅力発信できる土壌を育むと共に,市外から新しい人の流れを作るモデルケースとして様々な仕掛けを行うものです。
事業内容としましては,「結婚促進」,「魅力創出」,「移住定住促進」の三つの要素に重点を置き,シビックプライド醸成を目的とした市民参加型のイベントや,主に首都圏女性をターゲットとした移住定住促進,結婚促進イベントを実施していく予定です。
 
pdf(2)小美玉市ふるさと同窓会応援事業(pdf 135 KB)につきましては,出会いの創出・ふるさと回帰のきっかけづくりを目的として,同窓会に係る経費の一部を助成いたします。2年目となる今年度は,より多くの世代が移住を考える機会を作るため,助成対象の範囲を拡充いたしました。
助成対象年齢を25歳から30歳、その後は5歳刻みで65歳まで拡充し,開催場所も小美玉市内の飲食店や施設等に加え,40名以上の同窓会に限り,近隣市町村の施設等も補助対象としております。
また,助成額としましては、1同窓会の上限を15万円まで引き上げ、一人につき2千円の助成をした場合,最大75名分までをその対象としております。
 
pdf(3)多彩な合コン・街コン事業(pdf 150 KB)につきましては,自然な出会いを望む若者が多い現状から,“婚活”ということをあまり強く打ち出さずに,多種多様な切り口から魅力ある企画を充実させ,各々の心情に合わせて気軽に参加できる出会いの機会を創造します。
また,企画内容充実のため,今年度から民間事業者や各種団体と連携し,民間の知恵・経験・実践力を活かした事業推進を図り,恋に出会い・結婚したくなるまちを目指してまいります。
 
pdf(4)ダイヤモンド筑波フォトコンテスト(pdf 126 KB)につきましては,ダイヤモンドシティ小美玉を象徴する風景として,「ダイヤモンド筑波」をイメージアップ戦略の中核に据えて発信しておりますが,その一環として,写真とコラージュ作品のコンテストを実施いたします。
霞ヶ浦の湖畔から望む筑波山の山頂に夕日が輝く瞬間,四方八方に光が拡散して輝きながら,湖面に光の道ができる神秘的な光景を見ることができるのは,年に2度,夏至(げし)を挟んだ5月中旬と7月中旬です。

この機会にぜひ小美玉市を訪れ,コンテストに応募いただければと思います。

第5回戸沢サミットin小美玉について


pdf3.第5回戸沢サミットin小美玉について(pdf 549 KB)をご覧下さい。
戦国時代末から江戸時代初期の大名で,小河(おがわ)城主をはじめ,松岡藩主を経て新庄藩の藩祖となった戸沢(とざわ)(まさ)(もり)公を広く顕彰(けんしょう)するため,戸沢氏にゆかりのある5つの自治体が一堂に会し,開催するものです。
平成25年度の高萩市を皮切りに,新庄市,仙北(せんぼく)市,雫石町(しずくいしちょう)と開催され,本年度,第5回目のサミットが本市で開催されます。
サミット式典では、政盛公が小美玉市に(のこ)した功績を,映像を交えた講談や記念講演を通じて学び,その歴史と足跡を顕彰(けんしょう)いたします。
なお,戸沢サミット構成市町は「大規模災害時における相互応援に関する協定」を締結するなど,相互の結びつきを強固にしており,交流を深めて地域活性化につなげてまいります。
 

小美玉市病院事業経営改革プランについて


pdf4.小美玉市病院事業経営改革プランについて(pdf 2.41 MB)をご覧下さい。
国の新たな公立病院改革ガイドラインに基づき策定するもので,小美玉市医療センターの経営改革を目的としております。
この改革プランでは,民間の力を最大限活用し,病院の存続を第一に,地域に必要とされる医療の存続に繋げるための提案を民間等から募ることとしております。
また,民間等からの提案公募及び提案の採択に当たっては,提案選考組織を設置し,有効と期待できる提案の採択による経営改革を目指すものとなっております。


最後に,「全国地域注目度ランキング日本一」についてお知らせをさせていただきます。
全国の自治体情報を比較してランキングする,「生活ガイド ドットコム」というインターネットのサイトがありますが,地域注目度ランキングで,わが小美玉市が,今年の2月から現在までずっと日本一をキープしております。
これを広く知っていただくため,これからたくさん缶バッジを製作して多くの方に知っていただくためのプロモーション活動を行ってまいりたいと考えております。小美玉市の魅力と共にぜひ,「地域注目度日本一の小美玉市」として発信にご協力くださいますようよろしくお願いいたします。 

生活ガイドドットコム本市ページはこちら
 

質疑応答

 
  • 記者:補正予算の「再編関連訓練移転等交付金」ですが,全国一斉に交付されるものですか。米軍の再編関連を含めたものですか。
 
  • 市長:はい。
 
  • 記者:今年度より10年間ということですが,使い道はある程度決まっているのですか。
 
  • 市長:制約はあるが,ある程度弾力性があります。
 
  • 記者:補助金ほどの制約があるわけではないということですね。
 
  • 副市長:地域の民生安定に必要な事業に使うことができます。これまで10年間,再編交付金としてやってきましたが,

引き続き訓練移転が続いているため,今年度よりまた10年間ということで,「再編関連訓練移転等交付金」という事業となっています。
 

  • 記者:県内では小美玉市だけなのですか。
 
  • 担当者:行方市,鉾田市,かすみがうら市(補足),茨城町の4市町も受けています。
 
 
  • 記者:「ふるさと同窓会応援事業」の1年目の補助要件は何だったでしょうか。拡充された点について教えてください。
 
  • 担当者:1年目に比べ,拡充した点としましては3点ございます。
(1)対象年齢:25歳または30歳になる方 → 2530歳,その後,5歳刻みで65歳まで
(2)対象店舗:市内開催のみ → 名以上に限り,近隣市町村での開催も可
(3)助成上限額:10万円→15万円(1人につき2,000円)
 
  • 記者:1年目は利用される機会が予想よりも少なかったという点から拡充に至ったのですか。
 
  • 担当者:はい。
 
  • 記者:近隣市町村の定義とは。どこまでいいのでしょうか。
 
  • 担当者:会場の収容人数を鑑みまして,石岡市,茨城町,水戸市あたりまでは考えております。
 
  • 記者:境界が接していなくてもよいのでしょうか。
 
  • 担当者:はい。同窓会によっては100名を超える場合も出てくるかと思いますので,その場合,隣接自治体であっても入れる会場がないため,その場合は水戸市あたりまでを想定しております。ぜひ相談いただければと思います。
 
 
  • 記者:小美玉市医療センターは公立病院でしょうか。
 
  • 市長:はい。公立病院で指定管理者による運営をしております。建物を提供し,施設の管理運営をお願いしているものです。
 
  • 記者:公設民営ということですね。
 
  • 市長:はい。
 
  • 記者:医師不足などの問題や,経営は順調ですか。

 

  • 市長:まずまずといったところです。
 
  • 記者:常勤の医師は何名いるのでしょうか。
 
  • 担当者:常勤の先生は5名です。併せて,非常勤の医師により,一般の診療を対応しているという状況です。
 
  • 記者:2次医療でしょうか。
 
  • 担当者:救急告示ですから手術や入院に対応した救急になりますが,実際は,軽い傷病の救急受け入れとなっております。
 
  • 記者:どちらの大学関係の病院となっているのでしょうか。
 
  • 担当者:指定管理者となっている水戸中央病院の理事長は,筑波大学のご出身です。また,小美玉市では,東京医科大学との寄付講座を設置しており,非常勤の先生に来ていただくといった協力を得ています。
 
 
  • 記者:4月に,総務省よりふるさと納税寄付者へ自治体が贈る返礼品の金額について,寄付額の3~4割程度を上限の目安とする指導が入りましたが,返礼品のラインナップや金額の変更は考えていますか。
 
  • 市長:返礼品については厳しい選定基準を設けており,市内の事業者が,市内で生産・製造したものを市のPRをはかる意味でも採用しております。

2314総務省が返礼品の有り方について考えを示したことに一定の理解をしており,その趣旨をくみ取って,調整すべきところは調整し,近隣市町村の状況を把握しながら,本年度は現状の取組みを維持していくところです。
返礼品の中には,季節物を多数採用しているので,年間を通した計画栽培をはじめているところもあり,そうした事業者に迷惑がかからないように,状況を見極めながら検討してまいります。協力事業者と協議をして調整が整い次第,実施をしていくということで考えております。


 

  • 記者:今のところは様子をみながらということで,返礼品のラインナップの変更は考えていないということですね。
 
  • 市長:はい。
 
  • 記者:今現在の返礼品の品目数はいくつでしょうか。
 
  • 担当者:1万円に対する返礼品の種類は51種類,4万円に対しては4種類,10万円に対しては1種類となっております。
 
  • 記者:品目はどのようなものがありますか。
 
  • 担当者:当初より重点を置いておりますヨーグルト,青果類,農産物,豚肉などになります。
 
  • 記者:畜産製品が多いのですね。
 
  • 担当者:はい。
 
  • 副市長:補足ですが,全国には返礼品として商品券などを取り扱っている市町村もございますが,本市では取り扱っておりません。
寄付額の3~4割程度を上限の目安とする全国一斉の通知は来ましたが,個別に指摘を受ける通知は当市には来ておりません。
国の方向性を評価しながら,当市としても事業者と調整を進めていければと思います。

 
  • 記者:返礼品の中には3割を超えているものがあるということですか。
 
  • 副市長:あると思います。
 
 
  • 記者:「ふるさと同窓会応援事業」ですが,他の自治体で同窓会の助成をしているところはあるのでしょうか。
 
  • 担当者:名称こそ様々ですが,県内においては常陸大宮市での実施を把握しております。

本市では,前年度,地方創生の観点から年齢を区切って25歳・30歳になる方を対象に行ったのですが,市民の方より年齢の幅を広げてほしいとの声がありましたので,今回
の拡充に至りました。

 

  • 記者:対象年齢が5歳刻みというのはどのような理由からでしょうか。
 
  • 担当者:本来であれば,全年齢を対象とできればと検討をしたのですが,予算の関係もあり,また,同窓会は毎年行うものではないということから,5歳刻みとさせていただきました。


 

  • 記者:戸沢サミットに関する自治体との災害協定はすでに締結が済んでいるのでしょうか。
 
  • 市長:はい。すでに締結しております。