このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ市長の部屋定例記者会見> 定例記者会見(平成30年8月31日)

定例記者会見(平成30年8月31日)

このページは情報量が多いため、ページ内リンクが設定されています。
   

会見概要

  •  日時  平成30年8月31日(金曜日)11時00分~
  •  場所  小美玉市役所本庁舎  2階  政策会議室
  •  出席者
    参加報道機関:茨城新聞(幹事・進行),朝日新聞,茨城放送,時事通信社,東京新聞
    市:市長,市長公室長,秘書政策課長,各部署担当者
  • 記録  秘書政策課
      

市長あいさつ

IMG_1521
 報道各社の皆様におかれましては,大変お忙しいところ定例記者会見にお集まりいただき,誠にありがとうございます。また,市政の運営につきましては,日頃より格別なご支援・ご協力を賜り,厚くお礼申し上げます。

本日は,第3回定例会議案のほか,市政運営の全般について情報を発信させていただきますので,記事掲載につきまして特段のご配慮をいただきますようお願いいたします。



 

記者会見次第

説明案件

議案の内訳

  • 専決処分の承認を求めることについて 1件
  • 条例の新規制定について 2件
  • 条例の一部改正について 2件
  • 平成30年度補正予算について 9件
  • 平成29年度決算認定について 10件
  • 指定管理者の指定について 1件
  • 動産の買入れ契約の締結について 1件
  • 市道路線の認定及び変更について 2件
  • 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて 1件
以上,合計29件

議案の概要

一般会計補正予算

平成29年度決算に伴う前年度繰越金の補正増等により歳入歳出それぞれ23,6809千円を追加し歳入歳出予算の総額を2516,2312千円として提案するものです。

 

(単位:千円)
当初予算額(補正前額) 補正額
24,925,503 236,809 25,162,312

補正(歳入)の主な内容

  • 総務費国庫補助金【増額】 9,000千円
    まちづくり構想策定支援事業補助金を新規計上。
  • 土木費国庫補助金【減額】△29,408千円
    防災・安全社会資本整備交付金の内定に伴い,社会資本整備総合交付金を減額計上。
  • 総務費県補助金【増額】 3,400千円
    街頭防犯カメラ設置促進事業補助金を新規計上。
  • 農林水産業費県補助金【増額】 9,532千円
    儲かる産地支援事業費補助金及び県単土地改良事業補助金を増額計上。
  • 寄附金【増額】 6,000千円
    ふるさと応援に対する指定寄附金(代理寄附分)及び社会教育に対する指定寄附金を増額計上。
  • 基金繰入金【減額】△437,025千円
    今回補正予算の歳入歳出間調整のため,財政調整基金繰入金を減額計上。また,地区集会施設維持管理基金及びふるさと応援基金繰入金を増額計上。
  • 繰越金【増額】 634,106千円
    平成29年度決算に伴う前年度繰越金を増額計上。
  • 諸収入【増額】 27,709千円
    退職消防団員報奨金受入金及びネーミングライツ料,国体関連事業費助成金等の雑入を増額計上。
  • 市債【増額】 2,300千円
    被災者生活再建支援システム整備事業債を新規計上。 

補正(歳出)の主な内容

  • ふるさと寄附金事業【増額】 5,632千円(市単)
    平成30年7月豪雨災害の支援として,ふるさと納税の代理寄附を実施したことにより,岡山県真庭市への災害見舞金及び関係経費を増額計上。
  • 防犯対策経費 8,500千円(県補)
    県補助金を活用して実施する,防犯カメラ整備工事費を増額計上。
  • 防災対策諸費 2,458千円(市単)
    県と県内市町村共同で整備する被災者生活再建支援システム共同整備事業負担金及び関係経費を新規計上。
  • 地方創生推進事業【増額】 10,000千円(国補)
    防衛補助金を活用して実施する,まちづくり構想策定業務委託料を新規計上。
  • ごみ処理施設一部事務組合負担経費【増額】 13,413千円(市単)
    広域ごみ処理施設建設に伴う周辺道路整備事業費分として,広域ごみ処理施設建設負担金を増額計上。
  • 農地総務事務費【増額】 19,068千円(県補)
    浚渫工の追加によるため池整備工事費及び農業水利施設維持管理事業補助金を増額計上。
  • 道路橋梁維持管理費【増額】 88,726千円(市単)
    側溝・縁石等補修工事,舗装・路盤補修工事及び原材料費等の道路関連維持補修費を増額計上。
  • 住宅施設維持管理経費【増額】 15,706千円(市単)
    アスベスト対策経費等の追加による市営稲荷住宅解体・撤去・整地工事費を増額計上。
  • 小学校建設事業【増額】 6,610千円(市単)
    羽鳥小学校及び納場小学校校舎トイレ改修工事実施設計委託料を新規計上。
 

第1回全国ヨーグルトサミットin小美玉について


当該事業は,ヨーグルトをはじめとする乳製品の消費拡大と地方創生推進の一環として開催するものであり,また,参加いただく自治体やご当地ヨーグルト,乳製品等の知名度向上も図っていくものです。


【日時】平成30年10月20日(土曜日)~21日(日曜日)10:00~16:00予定
【会場】四季の里(小美玉市部室1069番地)



PRイベント「首都圏ヨーグルトサミットフェア」

ヨーグルトサミット開催直前に,JR上野駅構内にてサミットの告知を兼ねて販売を行い,本イベントへの集客に繋げます。
 
【日時】2018年10月1日(月曜日)~8日(月・祝)
月~木・土 8:00~22:00(金~22:30/日・祝~21:00)
【会場】エキュート上野店(東京都台東区上野7丁目1−1 JR東日本上野駅構内3階)
   

小美玉市ネーミングライツ事業


小美玉市ネーミングライツ事業とは,市が所有する施設等に愛称を命名する権利を希望する企業等に付与し,対価(ネーミングライツ料)を得るものです。

小美玉市玉里運動公園を対象に実施したネーミングライツ・パートナー募集及び審査委員会の審査の結果,小美玉市初のネーミングライツによる愛称が下記のとおり決定いたしました。
 
【対象施設】玉里運動公園 (玉里海洋センター施設含む)
【ネーミングライツ・パートナー 】 株式会社ジャパンミート (本社:土浦市卸町2-3-30)
(市内事務所:小美玉市小川956)
【愛称および略称】タスパ ジャパンミート パーク(略称:タスパ)
※タスパ=玉里スポーツパークの略
【ネーミングライツ料】年額100万円(消費税含む)
【契約期間】2018年8月1日~2021年7月31日(3年間)
 

 

質疑応答

  • 記者:議案第80号について,乳製品乾杯条例の一部改正の内容について詳しくお願いします。
  • 市長:乳製品を乾杯を推進する条例の中に加えて,おもてなしを進めるということです。
  • 公室長:議案の80号をご確認ください。乳製品で乾杯を推進する条例に,乳製品により来訪者等を幅広くもてなすというおもてなしの意味を加え,市全体でおもてなしの心の醸成を図るために条例を一部改正するものです。市,また一般家庭に来訪した方に乳製品を積極的に使用していただいて,おもてなしの心を醸成するものとして条例の改正を提案するものです。
  • 記者:これまでの乳製品乾杯条例の成果や,おもてなしを加えたことによって,どのような効果を期待していますか。
  • 市長:条例を制定してからは,各種団体の集いには,ヨーグルトが定着してきました。家庭でもおめでたいこと,誕生日や何かのお祝いについて,乳製品で乾杯しようと言う話が行き届いてきたのではないかと思っています。たまにないときは,集いの中から「今日はないの」という話もでるので,いい傾向になって来ていると思います。
    さらには,乳製品で乾杯の効果は市を思う心,誇りに思う心の醸成とともに,健康と販売促進,産地育成等々のPR効果があり,H61株という乳酸菌が,胃や腸にやさしく健康にいいというのがある程度浸透してきたと思います。県内外の多くの皆様が「茨城県の小美玉市はヨーグルトだ」と話してくれるので,そういう意味では,小美玉市の生乳の出荷量茨城一,全国有数の酪農産地というものも知られてきているのかなと思います。こうした中,今回全国で初の,ヨーグルトサミットが始まったところですので,地方創生総合戦略の中でしっかり位置づけをして,小美玉市の良さ魅力を発信していければと思っているところです。
     
  • 記者:補正予算の中で地方創生推進事業について,まちづくり構想策定業務委託料が1千万とすこしまとまった金額になっているんですけれども,具体的に策定を委託される内容と委託先というものがわかっていれば,これから入札されるとは思うのですがお伺いできればと思います。
  • 担当:まちづくり構想策定事業につきましては,防衛庁の補助事業のまちづくり支援事業のメニューを使いまして,この構想策定を行うものです。内容につきましては,第2次総合計画に位置づけられております空の交流エリアの活性化として,茨城空港周辺,空のえき「そ・ら・ら」空港線の沿道等々の賑わいづくりをめざすために現地の調査並びに市民の声を取り入れるためワークショップの開催等を行いまして構想づくりを行うものです。発注先につきましては,これから入札等を行いますので,まだ未定というところです。
  • 記者:この構想が具体的に市側に提出される時期はいつになりますか。
  • 担当:年度内を予定しています。
     
  • 記者:防衛補助との関係もあるかと思いますが、スカイパークのその後の進捗状況について教えてください。
  • 市長:特に動きは無いが、空港周辺の賑わいづくりということで、調査費がどういった位置づけになるかということです。
  • 記者:調査の一部で、スカイパークをどう位置づけるかどうかいうことですね。今の段階では、整備するかどうかも決まっていないのですね。
  • 市長:決まっていません。
 
  • 記者:補正予算内の防犯カメラの設置に関して、これまでも設置していますか。また、今回は設置数や重点箇所などの設置の方針はありますか。
  • 担当者:設置しています。当初予算で10基分500万円計上しました。今回、県からの補助金を活用し、新たに17基分、計27基を設置いたします。設置要項に基づき、安全対策強化を図ります。通学路をはじめ犯罪・交通事故等が多発する危険箇所を中心に設置箇所を検討中です。
 
  • 記者:総務省の自治体戦略2040構想研究会というものがありまして、7月に、高齢化がピークを迎える2040年頃に向けて想定される課題に対応するため、市町村に代わって圏域が主体となって行政運営を行う。それを受け、諮問機関の地方制度調査会で本格的に議論を行なっていく。これから法整備等を含めいろいろな検討が始まるなかで、各省庁から自治体からヒアリングが行われる。3町村合併して市制化し、自治体が抱える課題を解決する策となるのか、市長の体験も含め見解をうかがいたい。
  • 市長:2040に向けての問題も受けていかなければならないが、現在、県央首長懇話会で行っていることがあり、医療・観光・福祉・地域公共交通・教育等いろいろな問題を組み込みスタートしている。また、医療については日赤を中心とした産科小児科に支援をしていくということ、看護師学校への支援も広域で行なっています。いずれ圏域の流れが合併につながっていくかもしれない。水戸市が中心となって定住自立圏に関しても取り組んでいる。国の施策も先取りであると思う。さらに、これまでも広域化で消防、斎場、ごみ処理等の事業を行なっている。ごみ処理については、それぞれ稼働している3つの施設を一本化した新たな施設が平成33年には完成予定です。
    また、医療分野では、今年度、石岡地域市民医療懇談会を立ち上げ会議が行われ、特に産科小児科の医療環境の向上に向けて協議中である。
    このように、現在、課題解決に向けてひとつひとつ活動していることが、将来広域として結果がででてくると思っています。
  • 記者:とういうことは、課題解決の方向性として、必然的に広域化が進んでくるという認識をお持ちですか。
  • 市長:持っています。
  • 記者:今後、平成の大合併が再度行われると想定できますか。
  • 市長:そうです。平成の大合併から13年経過していますが、すでに交付税も縮小され、今後ますます厳しい状況となることが想定される。よって、広域化によってお互い取り組んでいくことが必要だと思います。
  • 記者:平成の大合併の際は、国から合併促進のための合併特例債等が支給された。今回もそういったものが必要と思われますか。
  • 市長:そうですね。国が取り組んでいかなければならない問題だと思っています。
 

市からの情報提供

茨城空港イベント(空の日イベント2018/ハロウィンパーティ)


茨城空港の賑わいづくり・利用促進を図ること、そして小美玉市の特産品や観光資源等の魅力を広くPRすることを目的として、茨城空港を会場とした各種イベントを開催します。


茨城空港 空の日イベント2018
日時】9月30日(日曜日)9:00~16:00※雨天実施、荒天中止
【会場】茨城空港、茨城空港公園※入場無料

茨城空港スカイスリーフェスタ(ハロウィンパーティ)
日時】10月27日(土曜日)14:00~17:30※雨天中止
【会場】茨城空港(送迎デッキ ほか)
【定員】400名※事前申込み制(9月中旬受付開始予定)
※小学生以下は保護者の参加または付き添いが必要
【参加費】1人500円(3歳以下は無料)
   

APIOS STREETDANCE FESTIVAL ONE 2018~ひとりひとりが主役のフィールドへ~


世界一を2連覇したRuuプロデュース・演出・振付による公演が実現。Dance Studio ViVidで毎年恒例の目玉舞台『VENUSMARS』と『APIOS』がコラボレーション。世界で活躍するメンバーと刺激あふれるステージを創ります。また、ダンスを習っている人なら誰もが憧れる5名のダンサーによる振付作品を加えて、そのために募集したダンスオーディション合格者20名(市内外・県外から参加)が踊ります。屋外ではZUMBA®フィットネスやイベントもあり、盛り沢山の企画を開催。

【日時】平成30年10月14日(日曜日)開場 14:00開演 14:30
【会場】小川文化センターアピオス 大ホール
 
  

12回 福祉にっこりまつり


福祉に対する社会的要請が強く求められる中で、市民の理解を深めるとともに地域の第一線で活躍する福祉関係者やボランティアが一堂に会し、市民と共に学びながら、小美玉市としての一体感のある、新しい地域福祉を推進していくことを目的に開催するもので、将来、地域福祉を担う子どもたちに対する、福祉の啓発も目的としています。

【日時】平成30年9月30日(日曜日)午前9時30分から午後3時まで
【場所】小美玉市生涯学習センター 「コスモス」
 
 

掲載日 平成30年8月31日 更新日 平成30年9月11日

カテゴリー