このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ消防本部災害状況> H26救急・救助概要

H26救急・救助概要

  • 平成26年中の救急出場件数は、1,975件で前年の1,938件に比べ37件の増となっています。1日の出場件数は約5.4件、約4.4時間に1回の割合で出場したことになります。
  • 搬送人員は1,859人(前年1,822人)で、小美玉市内の人口に照らすと、約28人に1人が救急車で医療機関に搬送されたことになります。
  • 事故種別構成比は、急病が最も多く1,255件で全体の約64%を占め、次いで一般負傷の254件、以下交通事故、転院搬送の順となっており、うち約51%は軽症(入院の必要なし)となっています。
  • また、交通事故については、午前8時から午前10時の時間帯に多く発生しています。
  • 平成26年中の救助出場件数は33件、うち22件は救助活動を実施し16人を救助、延べ数769人の人員及び181台の車両が出場しました。

事故種別出場件数及び搬送人員の推移(平成24年~平成26年)

区分

事故
種別
火災 自然
災害
水難
事故
交通
事故
労働
災害
運動
競技
一般
負傷
加害 自損
行為
急病 その他 合計
転院
搬送
医師
搬送
平成
24年
出場
件数
19   1 230 27 6 219 9 22 1,201 97    18 1,849
搬送
人員
4   1 261 26 6 208 8 17 1,128 98 1,757
平成
25年
出場
件数
19     214 33 9 270 18 14 1,219 124   18 1,938
搬送
人員
4     226 32 10 250 14 9 1,148 129 1,822
平成
26年
出場
件数
8   1 215 36 10 254 9 15 1,255 159   13 1,975
搬送
人員
1     223 35 11 240 9 9 1,172 159 1,859

事故種別救助出場件数・活動件数調

事故種別

件数区分

火災 交通
事故
水難
事故
風水害等
自然災害
機械に
よる事故
建物等に
よる事故
ガス及び
酸欠事故
爆発
事故
その他
の事故
建物 建物
以外
出場件数 6   16 1   1 1     8 33
活動件数 6   11 1  
1
1     2 22

  ※活動件数とは、出場件数のうち、消防機関が何らかの救助活動を行った件数をいう。


掲載日 平成28年12月17日 更新日 平成29年4月6日

カテゴリー