このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

事業概要

事業の経緯

  鹿島鉄道は,石岡から常陸小川,玉造を経て鉾田に至る全長約27kmの鉄道で,沿線は地域内を東西に横断する主要道路である国道355 号と平行し,石岡駅を起点として石岡南台,石岡運動公園,石岡循環器科脳神経外科病院等の医療施設,玉里工業団地,小川中心市街地を経て玉造,鉾田方面へ接続する地域内の重要幹線として利用されてきました。
  しかしながら,利用者の減少や航空自衛隊百里基地への燃料輸送の廃止による収益の減少に伴い平成19年3月末に廃線となりました。廃線後は,ほぼ鹿島鉄道に沿う形で鹿島鉄道代替バスが運行されましたが,代替バスの利用者は,鉄道利用者の約4割と大きく落ち込みました。
  これらの状況から,市としては,地域公共交通の維持,存続並びに活性化を図るとともに,鹿島鉄道の廃線敷地を有効に活用するため,バス専用道路として整備し,定時性と速達性のあるバスを運行する日本初の事業「地方型BRT」の実証運行を,平成22年8月に開始しました。現在は,実証運行が終了し,平成24年度から本格運行を行っています。

事業の概要

  • かしてつバスの写真計画区間:石岡駅~旧 常陸小川駅(7.1km)
  • 事業区間:石岡駅~旧 四箇村駅(5.1km)
  • 道路幅員:4.0m ~ 6.5m
  • 事業主体:小美玉市(石岡市区間は石岡市)
  • 運行主体:関鉄グリーンバス株式会社(公募による)
     

事業の効果

  • かしてつバスの写真専用道化により渋滞が回避され,定時制と速達性が図られます。
  • 国道355号の渋滞緩和への寄与と地球温暖化対策が図られます。
  • 茨城空港への利便性が向上され,沿線地域の公共交通活性化に寄与します。
  • バスの走行位置や到着時刻などの情報を携帯電話やインターネット等を通じて利用者に提供するバスロケーションシステムの導入により,利便性の向上が図られます。

掲載日 平成28年12月17日 更新日 平成29年4月7日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
企画財政部 企画調整課
住所:
〒319-0192 茨城県小美玉市堅倉835
電話:
0299-48-1111 内線 1231〜1235
FAX:
0299-48-1199
Mail:
(メールフォームが開きます)