このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

意見内容及び市の考え方

パブリックコメント集計結果一覧表

1意見提出者数  1人
提出方法 人数
郵便   
ファクシミリ   
電子メール   
直接持参 1
合計 1

2意見内容及び市の考え方
NO 意見の対象箇所 意見内容 意見数 市の考え方(回答)
1 前文
下から7行目  
「これに基づく」の表記は重複しているので、削除してはどうか。 1 表記文は「固定的な」にかかるものでなく、「固定的な役割分担意識」までを受けているため、削除すると意味が変わってしまう。よって、現行のままとする。
2 第1条
目的  1行目  
「この条例は、男女の人権の尊重及び平等の理念」の次に、「並びに小美玉市自治基本条例(平成19年小美玉市条例第26号。以下「自治基本条例」という。)第21条の規定」を追加してはどうか。市の最高規範である自治基本条例との関係を重視するため。 1 ご指摘のとおり、追加する。
3 第2条
定義  第1項
自治基本条例との整合性を図るため、第2号の市民を「自治基本条例第3条第1項第1号に規定する市民をいう。」に、第3号の事業者を「前号に規定する市民のうち、市内において活動を行う企業やNPO法人、ボランティア団体をいう。」に訂正してはどうか。さらに第4号として「(4)市  自治基本条例第3条第1項第3号に規定する市をいう。」、第5号として「(5)教育関係者  前号に規定する市のうち、学校教育、社会教育に関わるもの及びその他あらゆる教育現場に関わるものをいう。」を追加してはどうか。 1 ここでいう定義は、男女共同参画に係わる用語を定義しており、基本的に原案のとおりとします。ただし、ご指摘のうち「教育関係者」の定義は必要であると判断し、「(4)教育関係者  学校教育、社会教育その他あらゆる教育現場に関わる者をいう。」を追加し、現行の第4号以下を1号ずつ繰り下げる。
4 第2章
基本理念
第3条~第9条
基本理念は、条立てにせず、号立てに整理したほうがわかりやすいことから、次のように改めてはどうか。
第3条の「(男女の人権の尊重)」を「(基本理念)」に改め、同条第1項及び第2項の全文を削除し、新たに第1項として「男女共同参画の推進にあたっては、次の各号の理念を旨として行わなければならない。」を加え、第4条から第9条までを削除し、第3条の各号として下記のとおり表記してはどうか。
  1. 男女の人権の尊重
    男女の個人としての尊重が重んじられること。また、男女の性別にかかわらず、性同一性障がいをもつ人その他多様な性をもつ人の人権についても配慮すること。
  2. 暴力の根絶
    あらゆる形態の暴力を根絶することが不可欠であること。
  3. 社会制度又は慣行についての配慮
    性別による固定的な役割分担にとらわれず、社会における制度又は慣行をできる限り中立なものとするよう配慮すること。
  4. 共同参画の機会確保
    男女が市の政策又は事業における方針の立案及び決定に共同して参画する機会を確保するため、積極的改善措置をとること。
  5. 家庭生活とその他の活動の両立
    男女が家族の一員として、子育て、家族の介護その他の家庭生活における活動と学校、職場、地域などの活動を両立させること。
  6. 性と生殖に関する健康と権利
    妊娠、出産などに関して男女が互いに理解を深め、性と生殖に関する健康と権利が尊重されること。
  7. 国際協調
    国際社会と協調すること。  
1 男女共同参画社会形成のための基本理念で、男女共同参画基本法第3条に規定される基本理念であるので、原案のとおりとするが、第8条冒頭の「男女共同参画の推進は、」は削除する。
5 第3章
表題
市、市民、事業者及び教育関係者の責務
この条例に関わるすべてのものの責務であるため、表題は「責務」と改めてはどうか。 1 権利と責務は最も基本的なものであり、誰の責務なのかを明確にする必要がある。よって、現行のままとする。
6 第10条
市の責務  1行目
第1項の「基本理念にのっとり」を「基本理念に基づき」に改め、第2項の「男女共同参画の推進にあたっては、」を削除してはどうか。 1 国の男女共同参画社会基本法の表記と整合性を図るため、現行のままとする。
7 第11条
市民の責務  1行目
「基本理念にのっとり」を「前章の基本理念に基づき」に改めてはどうか。 1 国の男女共同参画社会基本法の表記と整合性を図るため、現行のままとする。
8 第12条
事業者の責務
1行目及び3行目  
「基本理念にのっとり」を「前章の基本理念に基づき」に改めてはどうか。また、「両立させることができるように」の「に」を削除してはどうか。 1 国の男女共同参画社会基本法の表記と整合性を図るため、現行のままとする。
9 第13条
教育関係者の責務
1行目及び2行目
「学校教育、社会教育その他あらゆる教育現場に関わる者」を「教育関係者」に改めてはどうか。また、「基本理念にのっとり」を前章の基本理念に基づき」に改めてはどうか。 1 第2条の定義に教育関係者を加えたため、前者の「教育関係者」は、ご指摘のとおり改める。後者のご指摘については、国の男女共同参画社会基本法の表記と整合性を図るため、現行のままとする。
10 第15条
情報に関する留意
3行目
「性的表現を行わないように」の「に」を削除してはどうか。 1 「に」を付することで表現を強調しているため、現行のままとする。
11 第4章
表現
男女共同参画を推進するための基本的施策
「男女共同参画を推進するための」とは、全ての部分にかかってくるため、表題は「基本的施策」と改めてはどうか。 1 ここでは、男女共同参画を推進することを強調しているため、現行のままとする。
12 第16条
基本計画
第3項及び第4項
第3項2行目の「審議会の意見を聴くとともに、」以下を「小美玉市パブリックコメント規則(平成20年小美玉市規則第31号)の規定に基づく手続きを行うものとする。」に改め、第4項を削除してはどうか。 1 国の男女共同参画社会基本法との整合性を図るため、現行のままとする。
13 第17条
施策の策定などにあたっての配慮
第20条
調査研究
第17条の冒頭「市」のあとに「及び教育関係者」を加えるとともに、「実施にあたっては、」のあとに「必要な調査研究を行うとともに、」を加えて、第20条を削除してはどうか。 1 主語は「市」であるため、現行のままとする。
14 第18条
第21~24条
第26条
「市は、」を「市及び教育関係者は、」に改めてはどうか。 1 主語は「市」であるため、現行のままとする。
15 第19条
教育及び学習の振興
1~2行目
「市は、学校教育、社会教育その他の教育の分野において、」を「教育関係者は、」に改めてはどうか。 1 「家庭・地域・学校その他教育の分野」つまり「あらゆる生涯学習」も含めているため、現行のままとする。
16 第5章
第27条
審議会の設置
第1項2~4行目  
「なお、審議会は小美玉市男女共同参画審議会条例(平成20年小美玉市条例第26条)により運営するものとする。」を削除してはどうか。第2項に審議会条例に定める旨の条文があるため。 1 ご指摘のとおり削除する。
17 第6章
第28条
委任
「市長が定める」を「市長が別に定める。」に改めてはどうか。 1 ご指摘のとおり、改める。

掲載日 平成28年12月17日 更新日 平成29年4月13日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
市長公室 秘書政策課
住所:
〒319-0192 茨城県小美玉市堅倉835
電話:
0299-48-1111 内線 1211,1212,1213
FAX:
0299-48-1199
Mail:
(メールフォームが開きます)