このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ >  ふるさと寄附金制度 >  ワンストップ特例制度

ワンストップ特例制度

ワンストップ特例制度
 

ふるさと寄附金ワンストップ特例制度とは

平成27年4月1日以降に,小美玉市などの地方自治体に対する寄附から適用される制度です。
本来,ふるさと寄附による税の軽減を受けるためには確定申告又は,個人住民税の申告を行う必要があります。
「ワンストップ特例制度」は寄附先の自治体が,寄附者の所在地の自治体へ控除申請を代行して行う制度です。
この制度を利用することで,対象となる方は確定申告を行わずに,個人住民税の軽減を受けることが出来るようになりました。

PDF 小美玉市ふるさと納税ワンストップ特例制度について(PDF 199 KB)

ワンストップ特例制度の対象者

  ワンストップ特例の対象となる方は以下の条件を満たす方となります。
 

  1. 給与所得のみの方など確定申告を行う必要がない方,所得税や住民税の申告をする必要がない方。
  2. ふるさと寄附を行う年の寄付団体数が5箇所以下である方。

なお、以下の方は対象となりませんので、【必ずご自身で確定申告】をお願いいたします。
また、ワンストップ特例を申請された場合は無効となりますので、ご注意ください。
・医療費控除(セルフメディケーション税制を含みます)を使用される方
・確定申告や住民税の申告を行った方
・6団体以上にワンストップ特例申請をした方

申請方法

「寄付金税額に係る申告特例申請書」を平成30年1月10日まで(必着)に小美玉市に提出していただく必要があります。
期限が過ぎた申請につきましては、ワンストップ特例制度は利用できません。(申請書類は返送させて頂きます)
また、提出書類に不備がある場合も受理できませんので,【申請書のご提出はお早めに】お願いいたします。
 

※注意

  平成28年1月1日以降,ワンストップ特例申請時に個人番号(マイナンバー)の記入が必要になったため,下記の書類をご用意いただき,個人番号確認書類貼付用紙に貼り,申請書と併せてご提出ください。
 

  • 「個人番号カード」をお持ちの方(※ プラスチックのカードタイプ)
    個人番号カードの表と裏のコピー。
     
  • 「通知カード」をお持ちの方(※ カード申請書が付いている紙タイプ)
    通知カードのコピー+公的身分証明書(運転免許証,パスポート,健康保険証,年金手帳等)のいずれか1点のコピー。

     

※ふるさと寄附お申込後にワンストップ特例申請をご希望される場合には、【平成29年12月28日まで】に下記までご連絡ください。

  • 0299-48-1111(内線1236)
  • kikaku●city.omitama.lg.jp  (送信される際には,●を@に変えて送信ください)

PDF 申告特例書(PDF 746 KB)
pdf個人番号確認書類貼付用紙(pdf 121 KB)

受付書について

  当市に提出いただいた申請書の受付書(小美玉市で受付をした証明書)につきましては,当市での受付が完了した際に,お申込時に記載頂いた電子メールアドレス宛に受理通知を送信いたします。処理時間短縮のため,文書での個別通知・返送を行っておりませんのであらかじめご了承ください。
  ※申込書による寄附申込みでご希望があった場合のみ,受付書の返送を行います。

提出済みの申告特例申請書の内容に変更があった場合

  平成30年1月1日までに転居による住所の変更・氏名の変更・提出済み申請書の内容変更や記入間違いなどがあった場合には,平成30年1月10日(必着)までに,小美玉市へ変更届出書を提出してください。提出がない場合,ワンストップ特例を受けられませんので,ご自身で確定申告をして頂く必要があります。
  

PDF 申告特例申請事項変更届出書(PDF 187 KB)


カテゴリー