行財政改革

 行財政改革とは、行財政運営の適正・効率化を図りながらも、市民サービスの向上を目指していく、行財政全般にわたる改革のことをいいます。
 市では、少子高齢・人口減少社会の進展を受けて厳しさを増す財政状況下においても、事務権限の拡大、高度情報化、グローバル化等の中で多様・高度化する行政需要に対応していくため、さらなる行財政改革の推進を図る必要があることから、行財政改革大綱を柱として、市民満足度の高い行政運営を目指し、全庁を挙げて行財政改革に取り組んでいます。

第3次行財政改革(H28-32)

 第3次行財政改革大綱(推進機関:平成28~32年度)を策定し、これに基づく具体的な45の取組事項をチャレンジプラン(実施計画)としてまとめ、重点的に推進していきます。

 ◇詳細はこちらから

第2次行財政改革(H23-27)

 第2次行財政改革大綱(推進期間:平成23~27年度)を策定し、これに基づく具体的な67の取組事項をアクションプラン(実施計画)としてまとめ、重点的に推進しています。

 ◇詳細はこちらから

第1次行財政改革(H18-22)

 第1次行財政改革大綱(推進期間:平成18~22年度)に基づく、5年間の取組結果がまとまりました。

 ◇詳細はこちらから 

参考

指定管理者制度

 指定管理者制度とは、平成15年6月の地方自治法の改正により創設された制度です。これまで、「公の施設」の管理は、市が直接行う以外は、公共的団体のみに限られていました。
 しかし、この制度の創設により、民間事業者等でも管理できるようになり、公の施設管理において、住民サービスの向上と経費削減等の効果が期待されています。
 市では、これまでに「指定管理者制度導入指針」を策定し、各施設への導入検討を推進しています。

 ◇詳細はこちらから

補助金等適正化

 補助金とは、市が市以外の者の行う事務や事業等に対して、公益上必要があると判断される場合に、その助成あるいは財政上の支援として交付するものです。
 市では、これまでに「補助金等の見直し基準」を策定し、この交付に関して統一した考え方を示した中で、補助金交付における公平性及び透明性の確保に努めています。

 ◇詳細はこちらから 

権限移譲

 権限移譲とは、これまで県等が行ってきた事務権限について、市が引き受けて実施することをいいます。
 市では、平成21年から「茨城県まちづくり特例市制度」の指定を受け、市民の利便性を考慮しながら、移譲事務の拡大に努めています。

 ◇詳細はこちらから

08839
この記事に関するお問い合わせ先
企画調整課

〒319-0192 茨城県小美玉市堅倉835
TEL 0299-48-1111(内線 1231~1235)  FAX 0299-48-1199