このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ健康づくり予防接種予防接種について知っておきたいこと> 子宮頸がんワクチンの予防接種について

子宮頸がんワクチンの予防接種について

子宮頸がん予防ワクチンについて

子宮頸がん予防ワクチンは、原因となるウイルス(HPV)の感染を予防する効果があり、定期予防接種として無料で接種できます。
接種を希望される方については、定期接種として接種できます。下記を参考に、医師とご相談されメリットとデメリットを十分理解した上で接種を受けられますようお知らせいたします。

「積極的勧奨の再開」にともなう対応

平成25年6月より副反応の関係により、積極的勧奨の差し控えがされておりましたが、令和4年4月より積極的勧奨の再開が国の審議会において、決定されました。
これを受け、小美玉市では以下のように対応します。大きく2つの対象に分けられます。
 

令和4年度小学6年生~高校1年生を迎える女子の方へ

令和4年度に上記学年を迎える「平成18年4月2日~平成23年4月1日生の女子」は、子宮頸がん予防ワクチンの定期接種年齢になります。


◎通知時期
令和4年3月末に対象の方には、予診票を同封してお送りします。

◎助成期間

定期接種助成期間表
対象年齢 助成期間
令和4年度、小学6年生(H22年度生)
~中学2年生(H20年度生)になる方
高校1年生の年度末まで(16歳となる日
の属する年度の末日)
令和4年度、中学3年生(H19年度生)
~高校1年生(H18年度生)になる方
令和6年度末まで(令和7年3月末まで)
 

中学3年生・高校1年生になる方は、このたび国で決定されたキャッチアップ接種
(平成25年6月からの勧奨差し控えにより接種機会を逃した方への接種)の期間に
基づき、本来の助成期間である高校1年生の年度末を過ぎても助成対象となります

キャッチアップ接種対象者

積極的勧奨の差し控えにより接種機会を逃した「平成9年4月2日~平成18年4月1日生の女性の方」には、キャッチアップ接種として3年間の接種期間が設けられました。

◎通知時期
令和4年3月末に対象の方には、通知および説明書をお送りします。

◎助成期間
令和4年4月1日~令和7年3月31日(令和4年度から3年間)

◎予診票の交付
接種を希望される方は、最寄りの保健センターにて予診票を交付します。
母子健康手帳をご持参の上、お越しください。

◎接種日の連絡
転入前や自費で接種をされた場合は、市に接種履歴がないため、接種日の連絡を健康増進課までお願いします。転入前の接種履歴は、旧住所地にお問い合わせください。

医療機関

医療機関はこちらをご参照ください。この他茨城県内の協力医療機関でも接種ができます。
※実施については変更される場合があるため、事前に医療機関へ確認の上、接種願います。
 

接種期間とワクチン種類

現在、2種類のワクチンが定期接種の対象となっています。どちらも約6か月間で3回の接種です。
※9価ワクチン(シルガード)については、承認されていますが定期接種の該当にはならないため、希望される方は全額自己負担での接種となります。

スケジュール
ワクチンの種類 回数 標準的な接種間隔
サーバリックス(2価) 3回 2回目:1回目の接種から1か月後
3回目:1回目の接種から6か月後
ガーダシル(4価) 3回 2回目:1回目の接種から2か月後
3回目:1回目の接種から6か月後

※取り扱っているワクチン種類に関しては、各医療機関にお問い合わせください。

過去に自費接種された方への返金について(令和7年3月末までの対応)

定期接種の対象年齢を過ぎたために、自費で接種をされた場合は接種料金が返金される可能性があります。

 

◎申請ができる方

・令和4年4月1日時点(全国統一の日付)で、小美玉市に住民登録がある方

※例えば過去に別の市町村で自費接種をしても、上記の時点で小美玉市民であれば申請可能です。

ただし、令和4年4月2日以降に小美玉市に転入された方は前の市町村に申請となります。

・定期接種の年齢(高校1年生)を過ぎてから、自費でサーバリックス(2価)またはガーダシル(4価)を接種された方

※シルガード(9価)は返金の対象ではございません。

◎申請に必要なもの

・母子健康手帳

・領収書(原本)

・申請者、被接種者の身分が確認できるもの(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカート゛など)

・振込先を希望する通帳

◎必要書類を紛失された場合

・母子健康手帳を紛失された方

docxこちらの書類を医療機関に記入してもらうことで、母子健康手帳の代わりとして提出可能です。

・領収書を紛失された方

…まずは接種をした医療機関に領収書の再発行ができるかお問い合わせし、できる限り領収書等の持参を願います。

再発行ができない場合、市へご相談ください。

リーフレット(令和4年3月改訂)

・お子さまにも分かりやすい概要版
pdf小学校6年~高校1年相当女の子と保護者の方へ大切なお知らせ

・より詳しく知りたい方へ
pdf小学校6年~高校1年相当女の子と保護者の方へ大切なお知らせ

・子宮頸がんワクチンを受けた方へ
pdfHPVワクチンを受けたお子様と保護者の方へ

・医療従事者の方へ
pdf医療従事者の方へ

相談窓口

厚生労働省の相談窓口(新しいウィンドウが開きます)

茨城県の相談窓口(新しいウィンドウが開きます)

コロナワクチンとの接種間隔

・原則として、新型コロナワクチンとそれ以外のワクチンは、同時に接種できません。
・新型コロナワクチンとその他のワクチンは、互いに片方のワクチンを受けてから2週間後に接種できます。
(例) 10月1日に新型コロナワクチンを接種した場合、他のワクチンを接種できるのは、10月15日(2週間後の同じ曜日の日)以降になります。


掲載日 平成29年3月31日 更新日 令和4年5月6日
アクセス数
このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
保健衛生部 健康増進課
住所:
〒319-0132 茨城県小美玉市部室1106
電話:
0299-48-0221
FAX:
0299-48-0044

最近チェックしたページ

このページを見た人はこんなページも見ています