このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ広報・シティプロモーションお知らせ> 旧小松家住宅が茨城県指定有形文化財(建造物)に指定されました

旧小松家住宅が茨城県指定有形文化財(建造物)に指定されました

小美玉市民家園として公開している「旧小松家住宅」について,これまで小美玉市指定有形文化財でしたが,このたび令和元年12月26日付けにて,茨城県指定有形文化財(建造物)として指定されました。

「旧小松家住宅」は,旧玉里村にあった小松家の主屋が平成7年に同村に寄贈され,翌年に玉里村民家園(現 小美玉市民家園)に移築復原されました。
建築年代は18世紀後期とみられ,「二つ曲がり」をもつ珍しい様式であることや,中の間の帳場・産部屋の存在,他に類例の少ない間取りなどが特徴的です。

旧小松家住宅外観
掲載日 令和元年12月27日
アクセス数
このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
文化スポーツ振興部 生涯学習課 文化財係
住所:
〒311-3433 茨城県小美玉市高崎291-3
電話:
0299-26-9111 内線 3610~3614
FAX:
0299-26-9261

カテゴリー

最近チェックしたページ

このページを見た人はこんなページも見ています