このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ市の組織・業務内容固定資産評価審査委員会> 固定資産評価審査申出制度

固定資産評価審査申出制度

審査の申出とは

固定資産税の納税者は、固定資産課税台帳に登録された価格(評価額)に不服があり場合、固定資産評価審査委員会に審査の申出(以下「審査申出」といいます。)をすることができます。

固定資産評価審査委員会は、価格(評価額)に関する納税者の不服を審査するために設けられた、市長から独立した中立的な機関です。小美玉市では、議会の同意を得て市長から選任された3名の委員で構成されています。
 

審査申出ができる方

固定資産税の納税者又はその代理人に限られています。(代理人の場合は委任状が必要です。)

審査申出にあっては、税務課資産税係において、価格(評価額)の根拠等について、あらかじめ十分な説明
を受けていただくようお願いします。
 

審査申出ができる事項

固定資産課税台帳に登録された価格(評価額)に関することのみ、審査の申出をすることができます。

価格(評価額)以外の不服については、審査請求により小美玉市長に申し立てることになります。
 

審査請求ができる期間

固定資産課税台帳に価格(評価額)が登録された旨の公示があった日(小美玉市では通常4月1日)から納税通知書の交付を受けた日後3ヶ月以内です。

ただし、固定資産課税台帳に価格(評価額)が登録された旨の公示があった日以後に、価格の決定又は修正があった場合は、その通知書の交付を受けた日後3ヶ月以内に申出をすることができますが、この場合は価格(評価額)のうち修正された範囲に限られます。

審査の申出は、原則として基準年度に限られます。基準年度とは3年に1度行われる評価替えの年度をいい、平成30年度、令和3年度、令和6年度・・・がこれにあたります。

ただし、基準年度以外の年度でも、次の場合には審査申出ができます。

  1. 家屋の新築や土地の分筆などにより、新たに価格(評価額)が固定資産課税台帳に登録された場合や、家屋の増改築や土地の地目の変換等によって前年度の価格からその価格が変わった場合。
  2. 家屋の増改築や土地の地目の変換等によって評価替えをすべき旨を申し立てる場合。
  3. 地価の下落により土地の価格が修正された場合で修正について不服がある場合。又は地価の下落による修正を受けていないため、修正を適用すべきである旨を申し立てる場合。

 

審査申出の方法

固定資産評価審査申出書(正本・副本の2部)及び必要書類を、固定資産評価審査委員会(監査委員事務局内)へ提出してください。

 

pdf(1)固定資産評価審査申出書 R4~(pdf 122 KB)

pdf(2)-1申出明細書(土地)(pdf 96 KB)

pdf(2)-2申出明細書(家屋)(pdf 85 KB)

pdf(2)-3申出明細書(償却資産)(pdf 67 KB)

pdf(3)委任状 R4~(pdf 37 KB)

審査申出人が法人の場合は、法人の代表者の資格を証する書面(代表者事項証明書)等が必要です。
 

審査の方法

審査は、原則として書面で行います。
審査申出書や、市長の弁明書、弁明書に対する審査申出人の反論書をもとに審査を行います。
審査申出人は希望すれば、固定資産評価審査委員会に対して口頭で意見を述べることができます。
また、請求により口頭で意見を述べることに代えて口述書を提出することができます。

pdfpdf(8)反論書 R4~(pdf 54 KB)

pdf(9)固定資産評価審査口述書 R4~(pdf 70 KB)
 

審査の決定

審査決定には、次の3種類があります。

  1. 認容・・・審査申出人の主張の全部又は一部を認め、価格(評価額)を修正することです。
  2. 棄却・・・審査申出人の主張は価格(評価額)を修正すべき正当な理由には当たらないとして、主張を退けることです。
  3. 却下・・・審査の申出ができる期間後に提出された場合や価格(評価額)以外の事項についての不服である場合など、不適法であるとの決定をすることです。


固定資産評価審査委員会では、速やかに審査決定を行うよう手続きを進めますが、審査手続きには慎重を期
することも求められていますので、審査に時間がかかることがあります。
 

審査決定に不服がある場合

固定資産評価審査委員会の決定に不服がある場合には、決定の取消しを求めて、決定があったことを知った日から6ヵ月以内に訴訟を提起することができます。

固定資産評価審査委員会が審査申出を受けてから30日以内に審査決定を行わない場合は、その申出を却下する決定があったものとみなして、訴訟を提起することができます。
 

その他

審査申出をした場合でも、固定資産税の納期限は延長されません。
納期限を過ぎますと滞納扱いになりますので、固定資産税は納期限までにお納めください。(納付いただいた後に、審査決定に基づき価格(評価額)が修正され、固定資産税が減額された結果、過払いが生じた場合には還付されることになります。)

申出人は、審査の決定がなされるまでは、いつでも審査申出人の都合によりその申出の全部又は一部について取り下げることができます。
 

審査申出の提出先

小美玉市固定資産評価審査委員会
住所 : 〒319-0192小美玉市堅倉835番地(小美玉市役所監査委員事務局内)
電話 : 0299-48-1111(内線:12601261)
FAX : 0299-48-1199


 


掲載日 令和2年12月1日 更新日 令和4年4月18日
アクセス数
このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
固定資産評価審査委員会 (監査委員事務局内)
住所:
〒319-0192 茨城県小美玉市堅倉835
電話:
0299-48-1111 内線 1260  1261
FAX:
0299-48-1199

最近チェックしたページ

このページを見た人はこんなページも見ています