このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

健康被害救済制度について

  予防接種のワクチンが原因で重大な健康被害が出た場合,医療費や障がい年金を支給する健康被害救済制度があります。

  定期の予防接種と任意の予防接種とでは,申請先や補償の内容等に違いがあります。また,これらは,ワクチンと健康被害との因果関係があるのかを,個別に審査し、ワクチン接種による健康被害と認められた場合に適用されるものです。

  • 定期の予防接種
    予防接種健康被害救済制度のページをご覧ください。
    予防接種法により国が救済する制度です。
    申請にあたっては健康増進課(TEL 0299-48-0221)へご相談ください。
  • 任意の予防接種
    医薬品副作用被害救済制度をご覧ください。
    独立行政法人医薬品医療機器総合機構による制度です。
    申請は独立行政法人医薬品医療機器総合機構に直接しますが,それにあたっては診断書等が必要になりますので,まずは予防接種をした医療機関にご相談ください。

掲載日 平成29年3月16日 更新日 令和元年7月12日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
保健衛生部 健康増進課
住所:
〒319-0132 茨城県小美玉市部室1106
電話:
0299-48-0221 内線 4000〜4005 4015 4016
FAX:
0299-48-0044
Mail:
(メールフォームが開きます)