このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

定期(A類,B類),任意とは?

  予防接種には,定期の予防接種と任意の予防接種とがあります。予防接種法で定められているか,いないかだけではなく,助成の内容,接種ができる医療機関,健康被害が出た場合の補償等に違いがあります。

定期の予防接種

  予防接種法に基づいて,市町村が実施主体となり行うもので,さらに「A類疾病」と「B類疾病」とに分かれます。予防接種ができる医療機関は,市内および石岡市医師会加盟の医療機関の他,茨城県内定期予防接種広域事業協力機関もあり,大多数の県内にある医療機関で接種が可能です。

  また万が一、予防接種を原因とする重篤な健康被害(副反応)が起きた場合は、予防接種法に基づく予防接種健康被害救済制度による補償を受けることができます。

A類疾病

  発症すると重症化したり,後遺症を残す病気の予防及び集団予防に重点を置き,接種の努力義務が課せられているものです。接種費用の全額を市が負担しますので,個人負担はありません。

  • 主な予防接種
    BCG、ヒブ、小児用肺炎球菌、B型肝炎、四種混合、麻しん風しん(MR)、日本脳炎、子宮頸がんワクチン
    ※現在,子宮頸がんワクチンに関しては,積極的勧奨が差し控えられています。
    詳しくは
    PDFこちらの資料(PDF 255 KB)をご覧ください。

B類疾病

  個人の発病または重症化の予防に重点を置き,本人が接種を希望する場合に実施されるもので接種の努力義務は課せられていません。費用の一部を市が負担しますので,個人負担が発生します。
  • 主な予防接種
    高齢者のインフルエンザ、高齢者肺炎球菌(定期)

任意の予防接種

  予防接種法に定められていない予防接種や定期接種の対象から外れているもので,個人予防として本人又は保護者の意志と責任で接種を行うものです。任意の予防接種は,一部公費助成しているものも含め,市が接種を勧めているものではありません。接種費用については原則,自己負担となりますが,一部のものについては公費助成を行っています。なお,予防接種ができる医療機関は,原則,市内および石岡市医師会加盟の医療機関に限られます。
 

  また万が一、予防接種を原因とする重篤な健康被害(副反応)が起きた場合は、独立行政法人医薬品医療機器総合機構の医薬品副作用被害救済制度による補償を受けることができます。定期予防接種における予防接種健康被害救済制度とは,補償の内容,額等に違いがありますのでご注意ください。
 

  • 公費助成している任意の予防接種
    おたふくかぜ、ロタウイルスワクチン、子どものインフルエンザ、高齢者の肺炎球菌(定期外)、大人の風しん
  • その他の任意予防接種(全額自己負担)
    A型肝炎、黄熱、狂犬病、破傷風

掲載日 平成29年3月16日 更新日 令和元年7月12日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
保健衛生部 健康増進課
住所:
〒319-0132 茨城県小美玉市部室1106
電話:
0299-48-0221 内線 4000〜4005 4015 4016
FAX:
0299-48-0044
Mail:
(メールフォームが開きます)