このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
2021年12月
28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
休館日
トップアピオスの住民主役・活性化プロジェクト住民プロデューサー集団「team;ここから」ここからプレミアム劇場> 【10月23日(土)チケット発売開始!】1月23日(日)柴田晶子の世界~口笛と星空と音楽と…and more~

【10月23日(土)チケット発売開始!】1月23日(日)柴田晶子の世界~口笛と星空と音楽と…and more~

柴田晶子の世界
柴田晶子の世界

team;ここからプロデュース「“ここから”プレミアム劇場」vol.6

2019年1月以降team;ここからとしての企画を開催しておりませんでした。
まだまだ大変な状況にはありますが、team;ここからプレミアム劇場VOL.6を開催致します!
昨年から躊躇するばかりで前を向いて進むことができませんでした。
仲間のみんなと打合せを重ねながら、十分なコロナ対策をとり、安全・安心な体制にて
お客様をお迎えする準備を進めてまいります。
いつも小ホールでの開催でしたが、密を避け大ホールでの開催となります。
口笛奏者柴田晶子さん、ピアノ松田光弘さん、パチカカクエイさん、そしてベース須川崇志さん、
アピオスお馴染みのメンバーに、今回は、映像を取り入れ星空・宇宙を優しい語りで案内してくださる高橋真理子さん。
超豪華なステージを演出します。こんな今だからこそ!大ホールの空間で、
柴田さんの心に響く口笛と音楽に癒され、そして満天の星空と高橋さんの語り部に、
時を忘れて楽しんでいただけたら幸いです。お越しいただけるお客様の笑顔を楽しみに♪前へ進もう~♪

team;ここから 代表 前島京子

公演情報

  • 公演日:2022年1月23日(日曜日)14時00分開演(13時00分開場)
  • 出演:
柴田晶子(口笛:Whistle)

「音楽としての口笛」を世に広めるべく、数少ないプロ奏者として活動を行っている。国際口笛コンクールにおいて2010 (中国)2012 (アメリカ)女性部門優勝、2019年マスターズ口笛音楽コンクール(アメリカ)において男女総合優勝を受賞。近年は大会審査員も務める。海外でも数多く演奏を続け、2020年埼玉県グローバル賞を受賞。3 オクターブという広音域と、あたたかみのある澄んだ音色に定評がある。日テレ「嵐にしやがれ」、NHK「ひるまえほっと」、TBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」に出演、また2019NHK大河ドラマ「いだてん」テーマ曲・劇中歌に参加等、多方面で活躍している。(https://akikoshibata.com/


高橋真理子(宙先案内人)
山梨県立科学館のプラネタリウムで19年間、斬新な企画や番組制作を行ったのち、2013年に独立、現在は、本物の星空をなかなか見られない人に星や宇宙を届ける活動「病院がプラネタリウム」や、星を介して人をつなぐ活動を精力的に行う。著書に「人はなぜ星を見上げるのか-星と人をつなぐ仕事」、「すべての人に星空を-『病院がプラネタリウム』の風景」(新日本出版)、「星空を届けたい-出張プラネタリウムはじめました!」(ほるぷ出版)。一般社団法人星つむぎの村代表理事、山梨県立大非常勤講師。2019年巌谷小波文芸賞・特別賞受賞。https://hoshitsumugi.org/)

松田光弘(ピアノ:Piano)
2001年ディズニーシーのオープニングミュージシャンを経て、2003年ボーカル末永華子とのユニット【REALBOOK】でコロンビアからメジャーデビュー。作詞作曲ピアノを担当。ジャズとポップスを融合させたそのサウンドは高い評価を得ている。ピアニストとしての活動も多岐に渡り、2020年までにホール、ライブハウス、ホテル、クラブを中心に演奏してきた総ステージ数は3万回を越える。2014RealRecordsEntertainmentを立ち上げ、音楽プロデュース・楽曲制作などの活動も精力的に行っている。(https://reareco.com/

KAKUEI(パーカッション&パチカ:Percussion&Patica)

大学在学中にアサラト又はケスケスと呼ばれるアフリカ原産の打楽器との出会いによりリズム世界への追求を志す。1996年より"PATICA"(パチカ)の商品化の企画・製作・開発に携わる。国内のみならず海外にも積極的に出向き、パチカの普及活動と同時に、パーカッショニストとして多くのミュージシャンとのセッションやサポートにも従事する。また子供に対する音楽でのコミュニケーションを大切にしており、小学校や幼稚園などでの演奏も積極的に行う。(https://kakuei-world.com/


須川崇志(ベース:Bass)
群馬県伊勢崎市出身。ボストンのバークリー音楽大学を2006年に卒業。6年間の米国
滞在を経て2009年に帰国後、辛島文雄トリオを経て日野皓正バンドのベーシストを6年間務める。現在は峰厚介カルテット、本田珠也トリオ、八木美知依トリオ他多くの グループに参加。これまでに東京ジャズ、デトロイト(米)、 モントルー (スイス)、ブリスベン(豪)、メールス (独)、 香港などの数多くの国際ジャズフェスティバルに出演。米津玄師「ゆめうつつ」、YUKI「泣かない女はいない」(2021)などのレコーディング参加作品も多数。2018年にデビューアルバム作品「Outgrowing」(レオ・ジェノヴェーゼ、トム・レイニー)を、2020、21年に自身が主宰するピアノトリオ、Banksia Trio (林正樹, 石若駿)で「Time Remembered」、「Ancient Blue」全3作のリーダーアルバム をリリースしている。(https://www.tsgw.net/
 
  • 入場料:1,500円(全席指定)
1公演300名限定となっております。
感染症対策の為間隔をおいての公演になります。
※小学生未満のお子様のご入場・ご同伴はご遠慮いただきます。
  • 主催:小美玉市/小川文化センター活性化委員会/team;ここから
  • 企画制作:team;ここから
  • ボランティア協力:アピオスぱるず

チケット発売日

  • 10月23日(日曜日)午前10時~(発売日初日は、電話・オンライン予約のみ)
  • TEL:0299-58-0921(小川文化センターアピオス)
  • おみたまオンラインチケット:https://ticket.city.omitama.ibaraki.jp/

掲載日 令和3年7月28日
アクセス数