このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ >  市の組織・業務内容 >  農政課 >  農作物への放射線の影響について

農作物への放射線の影響について

原発事故を踏まえた稲わら・麦わらの取扱及び飼養管理について(7月21日) 産業経済部 農政課
福島県内の複数の農家において、原発事故以降にほ場から収集された高濃度の放射性セシウムを含む稲わらが給与されていたことが明らかになりました。 安全な畜産物の生産・供給のため、原発事故後に収集された稲わら・麦わらの取扱について、茨城県から農家...
高濃度の放射性セシウムが含まれる可能性のある堆肥等の施用・生産・流通の自粛について(7月28日) 産業経済部 農政課
平成23年7月27日、関東農政局より、高濃度の放射性セシウムを含む、稲わらを給餌された牛のふん尿や落ち葉、雑草等を原料とした堆肥は、高濃度の放射性セシウムを含む可能性があることから、国が基準を制定するまでの間、たい肥等の施用・生産・流通の...
原木しいたけ(露地)の出荷・販売の自粛について(10月12日) 産業経済部 農政課
小美玉市内の露地で採取された「原木しいたけ」から食品衛生法の暫定規制値(500ベクレル/kg)を超える放射性セシウムが検出され、茨城県から出荷及び販売の自粛の要請がありました。 当分の間、小美玉市内の露地で採取された原木しいたけの出荷及び...
原木しいたけ(露地)の出荷制限指示について(10月16日) 産業経済部 農政課
平成23年10月14日付けで原子力対策本部長から原子力災害対策特別措置法第20条第3項に基づき、小美玉市において産出された原木しいたけ(露地)について、「当分の間、出荷を差し控えるよう要請する。」と指示がありました。 これを踏まえ、原木し...
タケノコの出荷及び販売の自粛のお願い(4月5日) 産業経済部 農政課
茨城県が実施した小美玉市産のタケノコの放射性物質検査の結果が公表され、食品中の放射性物質に係る基準値(100ベクレル/kg)を超える放射性セシウムが検出されました。 この結果により、茨城県から出荷及び販売の自粛の要請がありましたので、安全...

カテゴリー

    最近チェックしたページ