このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップごみ・し尿> 一般廃棄物処理業の許可制度

一般廃棄物処理業の許可制度

  • 市町村内において、一般廃棄物の収集・運搬や処分業を行う際は、法令に基づき市町村長の許可が必要となります
  • 許可を得ていない事業者が行うと法令違反になりますのでご注意ください

一般廃棄物処理業許可業者

  • 一般廃棄物(家庭ごみ)の処理を依頼する場合、一般廃棄物処理業(収集運搬業・処分業)の許可業者に依頼ください
  • 許可業者によって、取扱廃棄物の種類、許可区域が異なります
  • 依頼方法など詳しいことは許可業者に直接問合せください

許可業者一覧

pdfし尿,浄化槽汚泥 / 収集 / くみ取り業者(pdf 68 KB)
pdf一般廃棄物処理業者(収集運搬/中間処分)(pdf 75 KB)
  • 産業廃棄物(事業ごみ)は,茨城県担当部署または茨城県産業資源循環協会へ問合せください

一般廃棄物処理業許可申請(更新)・変更届等

許可(更新)

  • 市内で一般廃棄物処理業を行おうとする場合は、市長の許可が必要です(許可期間2年)
  • 更新を希望する場合は、期間満了日までに更新手続きが必要です
  • 収集運搬業、処分業の許可区分ごとに次の申請書に必要書類を添付して申請ください

変更、廃止、許可証再交付

  • 申請者の氏名又は名称、役員、収集運搬車両、事務所や事業場の所在地などに変更が生じた場合は、届出が必要です
  • 変更の日から10日以内に次の変更届出書に必要書類を添付して提出ください
  • 一般廃棄物処理業の事業の全部もしくは一部の廃止をした場合は、廃止届出書を提出ください
  • 許可証の紛失、破損など、許可証の再交付が必要な場合は、再交付申請書を提出ください

実績報告

  • 許可業者は,毎月の実績を,翌月の10日までに市長に報告ください

各種様式 はこちらをご覧ください

一般廃棄物処理業を無許可で行った場合

  • 市長の許可を受けずに一般廃棄物処理業を行った場合,廃棄物の処理及び清掃に関する法律第7条第1項又は第6項の規定により,5年以下の懲役若しくは1,000万円以下の罰金,又はこれらの併科が課せられる場合があります

掲載日 令和2年2月7日 更新日 令和3年6月21日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
市民生活部 環境課 廃棄物対策係
住所:
〒319-0192 茨城県小美玉市堅倉835
電話:
0299-48-1111 内線 1140〜1142 1144 1145
FAX:
0299-48-1199