このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ生活環境動物鳥獣> 高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されました(3例目)

高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されました(3例目)

令和5年3月1日に池花池(部室地内)でオオハクチョウ1羽の死亡個体が回収され、国による遺伝子検査の結果、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5亜型)が検出されました。

鳥インフルエンザウイルスは、感染した鳥との濃密な接触等があった場合を除いて、人には感染しないと考えられていますが、感染拡大防止のために、近づいたりするような行為は自粛してください。

 

 


掲載日 令和5年3月8日
アクセス数
このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
市民生活部 環境課
住所:
〒319-0192 茨城県小美玉市堅倉835
電話:
0299-48-1111 内線 1140〜1142 1144〜1146
FAX:
0299-48-1199

最近チェックしたページ

このページを見た人はこんなページも見ています