このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ健康づくり予防接種大人の予防接種> 大人の定期接種・任意接種

大人の定期接種・任意接種

高齢者のインフルエンザ(定期予防接種)

  毎年9月末に予診票を同封して個別に通知します。説明書をよく読み、医療機関で予約してください。予診票は、医療機関へお持ちください。なお、助成期間中に65歳になる方につきましては、誕生日1週間前に予診票を発送します。

対象者

​​65歳以上の方(接種日現在)
60~64歳の方(接種日現在)のうち、心臓・腎臓、もしくは呼吸器の機能又はヒト免疫不全ウイルスによる、免疫の機能に障がいを有する方(身体障がい内部障がい1級に相当するもの)

接種期間

個人通知・広報等で別途お知らせします。

助成金額

2,500円
※生活保護の方は全額助成になります。「個人負担免除券」を発行しますので、各保健センターで事前に手続きをしてください。小美玉市以外の市町村で生活保護を受けている方は、生活保護受給証明書等をご持参ください。

助成方法

予防接種をした医療機関で、接種料金から上記助成額を差し引いた金額を支払ってください。
※生活保護の方は「個人負担免除券」を持っていかないと全額助成になりませんので、ご注意ください。

指定医療機関

下記、茨城県医師会のページをご覧ください。
茨城県内定期予防接種広域事業協力機関名簿一覧

※茨城県内定期予防接種広域事業協力機関名簿一覧中、「高齢者インフルエンザ」の欄に○印のついてある医療機関で接種できます。
※市内および石岡市医師会医療機関については、個別通知でお知らせします。
※指定医療機関以外の医療機関でインフルエンザ予防接種を受ける場合は、事前に地域外予防接種の手続きを行い、いったん接種料金の全額を医療機関に支払った後、償還払いの手続きをしてください。
償還払いの手続きについてはこちら、
大人の予防接種に関する諸手続きのページをご覧ください。

高齢者肺炎球菌(定期・任意)…令和6年度から助成は、65歳のみになる予定(変更の可能性あり)

  高齢者肺炎球菌の予防接種には、予防接種法で定める定期の予防接種と、小美玉市独自で助成する任意の予防接種とがあります。それぞれに対象年齢、予診票の配布方法、指定医療機関に違いがありますので、よくご確認ください。
  なお、過去に一度でも肺炎球菌の予防接種(23価ワクチン)を受けた方は、助成の対象となりませんのでご注意ください(全額自費の場合を含む)。

また令和4年4月現在、国の方針において、助成は令和6年度からは65歳の方のみになる予定です。定期接種の対象のうちに接種されることをお勧めします。

定期の高齢者肺炎球菌予防接種

  • 対象者(23価ワクチン過去未接種者)
    1. ​​接種する年度に、65歳・70歳・75歳・80歳・85歳・90歳・95歳・100歳以上の方(5歳刻みの年齢の方)※令和5年度までの対応です。
    2. 接種する年度に、60~64歳の方(接種日現在)のうち、心臓・腎臓、もしくは呼吸器の機能又はヒト免疫不全ウイルスによる、免疫機能に障がいを有する方(身体障がい内部1級に相当するもの)
  • 接種期間通年
  • 予診票の配布:対象者に個別通知します。
  • 助成金額5,000円
    ※生活保護の方は全額助成になります。「個人負担免除券」を発行しますので、各保健センターで事前に手続きをしてください。小美玉市以外の市町村で生活保護を受けている方は、生活保護受給証明書等をご持参ください。
  • 助成方法
    予防接種をした医療機関で、接種料金から上記助成額を差し引いた金額を支払ってください。
    ※生活保護の方は、「個人負担免除券」を持っていかないと全額助成になりませんので、ご注意ください。
  • 指定医療機関下記をご覧ください。
    pdf指定医療機関(市内,石岡市医師会)
    茨城県内定期予防接種広域事業協力機関名簿一覧

    ※茨城県内定期予防接種広域事業協力機関名簿一覧中、「高齢者肺炎球菌」の欄に○印のついてある医療機関で接種できます。
    ※指定医療機関以外の医療機関で高齢者肺炎球菌の予防接種を受ける場合は、事前に地域外予防接種の手続きを行い、いったん接種料金の全額を医療機関に支払った後,償還払いの手続きをしてください。
    償還払いの手続きについてはこちら、大人の予防接種の手続きのページをご覧ください。

任意の高齢者肺炎球菌予防接種

  • 対象者定期予防接種対象外で、65歳以上の方(23価ワクチン過去未接種者)
  • 接種期間通年
  • 予診票の配布市内保健センター窓口で交付します。
  • 助成金額5,000円
    ※生活保護を受けていても全額助成はありません。
  • 助成方法
    予防接種をした医療機関で、接種料金から上記助成額を差し引いた金額を支払ってください。
  • 指定医療機関
    pdf指定医療機関(市内,石岡市医師会)
    ※任意の予防接種は、定期予防接種と違い、茨城県内広域予防接種は実施していないのでご注意ください。

大人の風しん予防接種

  妊娠初期頃(妊娠20週頃)までの女性が風しんに感染すると、お腹の赤ちゃんにも風しんウイルスが感染して、生まれつきの心臓病・白内障・難聴などの障がいを持ってしまう「先天性風しん症候群」の子どもが生まれてくる可能性があります。
  小美玉市では、先天性風しん症候群を予防するために、風しん予防接種費用の一部を助成しています。(あくまで先天性風しん症候群を予防する目的で行われるもので、生まれたお子さんへの風しん感染予防を目的としたものではありません。詳しくはこちらをご覧ください。
※昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性の方は、風しんの追加的対策についてご参照ください。

 

  ※申請の際,振込先を記入してもらいますので,振込先が確認できるものを用意しておくと便利です。

 

帯状疱疹の予防接種

帯状疱疹は水痘(みずぼうそう)と同じウイルスで引き起こされる皮膚の病気です。水痘ウイルスに1度感染すると、そのウイルスは身体から排除されることはなく、生涯にわたり潜伏感染します。初期症状として、チクチクとした痛みやかゆみ、身体の左右どちらか片側に帯状の発疹が出るなどがあります。帯状疱疹の発症は50歳以上の方に多く、毎年60万人が発症し、80歳までに約3人に1人が経験すると推定されています。


帯状疱疹の予防

・疲労やストレスを避けて、休息をとる
・1日3食のバランスの良い食事を摂る
・適度に運動をし、体力をつける
・質の良い睡眠をとる

帯状疱疹は身体の免疫が低くなることによって、発症しやすくなります。
日頃から、体力をつけて規則正しい生活を心がけましょう。

ワクチン接種について(50歳以上の方のみ)

50歳以上の方は、ワクチンを接種することによって、帯状疱疹の発症率の低下や重症化予防ができます。
任意の予防接種のため、接種を希望される場合、費用は自己負担となります。

取り扱っているワクチンや接種料金は、医療機関ごとに異なりますので、お問い合わせください。

 

小美玉市内保健センターのご案内

  • 四季健康館(健康増進課)
    小美玉市部室1106
    0299-48-0221
  • 小川保健相談センター
    小美玉市小川2-1
    0299-58-1411
  • 玉里保健福祉センター
    小美玉市上玉里1122
    0299-48-1111(内線3310,3311)
    ※玉里保健福祉センターの電話番号は市役所代表番号になります。電話交換手が出ますので,内線3310か3311とご指定ください。

掲載日 平成29年3月16日 更新日 令和4年4月12日
アクセス数
このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
保健衛生部 健康増進課
住所:
〒319-0132 茨城県小美玉市部室1106
電話:
0299-48-0221
FAX:
0299-48-0044

最近チェックしたページ

このページを見た人はこんなページも見ています